良本生活~本にまつわるニュース

本にまつわるニュースを「良本生活」のスタッフがご紹介いたします。

「本が売れなくなった」というより、本以外の面白いものがたくさん出てきたから、「本を買わなくなった」のだと思うのです

「本が売れない理由=出版社がサボっているだけ」 と書いてありましたが、「今の時代の正しい本の売り方」的なお話しです。 しかし、面白いです。そして、納得。 ここからは僕の考えですが、今って、「本が売れなくなった」というより、本以外の面白いものが…

未来の電子書籍ってこうなのかな?と本の未来を考えてみたくなったイベントです。 本=人間が書き出すモノ だから、本の代わりに著者と話をすることは、本を読むのと同じ情報を取得できることになりますね。 いろいろな人と時・場所を超えて会話ができるのが…

売れない本だけを売る本屋さんが登場!

売れない本だけを売る本屋さんが登場! とはいえ、普通の本屋さんは商売ですので、「売れない本」だけを売るのは難しいですね。 この本屋さんは「市営書店」です。青森県八戸市に12月にオープンした「八戸ブックセンター」。 地元の一般的な本屋さんでは売れ…

本が置いてあるバーではなく、お酒が飲める本屋さん。

本が置いてあるバーではなく、お酒が飲める本屋さん。いいですね! 本屋さんの新しい形になるのではないかと思いました。本が売れなくてもお酒の利益でやっていける本屋さん。面白い本を揃えることが集客の要になってきますね。 ただ、本+お酒・・・。 うー…

東久留米ショッピングセンタークルネの「ブックセンターさん」に「文庫X」がありました!

東久留米ショッピングセンタークルネの「ブックセンターさん」に「文庫X」がありました! はじめて生「文庫X」を見たのですが、表紙や裏表紙に隠されている本の説明が書かれているのですね。もちろん、本の内容がわかるような内容ではないのですが、多少買う…

いろいろな気分に合わせた本をまとめて貸してくれるサービス!

図書館の人ってすごくいろいろ考えていますね!すごいです! 「癒やされる」「クスッと笑える」「やる気が出る」など10種類以上のテーマ(効能)に合ったお薦めの本を1袋に2、3冊入れている貸し出すサービスみたいです。 本を読むときって、「今はこん…

本屋さんにお泊りして、本が読み放題な「ジュンク堂に住んでみる」イベントにもこれが足りない!

本屋さんにお泊りして、本が読み放題な「ジュンク堂に住んでみる」イベント! 以前もここでご紹介いたしましたが、これ面白い企画なんですよね。ただただただ、なんかもの足りないのですよ・・・。 ・本屋さんにお泊り(←これは面白い)・本が読み放題(←う…

100日間で100人の編集者がやってくる、トークイベント!

100日間で100人の編集者がやってくる、トークイベント! 基本は「編集者」と「ゲスト的な誰か」の対談みたいです。 「編集者」といっても「〇〇の編集長」というすごい人が多いです。また「ゲスト的な誰か」も、作家だったりタレントだったりさまざまな分野…

本は読むだけのものでなく、「持っていることに意味があるモノ」になる

本は読むだけのものでなく、「持っていることに意味があるモノ」になるような気がします。 いや、そもそも、本好きな人はそういう感覚をもっているのかと思います。ぼくは、本屋さんで気になって買った本を読んでみて、好きになった本たちを本棚に並べて眺め…

本屋さんのアイデアで本は売れる!「文庫X」がそれを証明した!

本屋さんのアイデアで本は売れる! 「文庫X」の話は以前ここでも取り上げましたが、その時は「面白い!」ということを書いたのですが、この記事には具体的な売り上げ数が書かれていたので、そこに注目してみました。 その前に「文庫X」の説明です。「本の表…

今月の「Casa BRUTUS カーサ ブルータス」は本屋さん特集だ!これは必見!

「Casa BRUTUS カーサ ブルータス」は非常におしゃれかつ良い情報があるので、毎回欠かさずチェックしているのですが、今回の「本屋さん特集」を見た瞬間に、来たっ!!と思いましたよ! 日本全国、いろいろなおしゃれだったり、個性的な本屋さんが紹介され…

エマ・ワトソンがニューヨークの地下鉄に本を隠す。

日本では難しいかもしれないけど、こういう「本の紹介の仕方」が好きだなー。 エマ・ワトソンは自分の信念のためにやっているのだけど、プロモーションとしても非常に面白い方法だと思います! 何かの参考になりそうですね。 www.huffingtonpost.jp

読書一生分!?116万円相当のhontoポイントがあたりますよ!

ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」のプレゼントキャンペーンのお知らせです。 なんと、1等は・・・ 読書一生分相当のhontoポイント1,160,000ポイント・・・1名様 116万円相当になります!! サイト内では、・こちら葛飾区亀有公園前派出所(全200…

電子書籍を借りることができる「図書館」。すごく便利だけど、出版社はどこまで本を提供するのか?

電子書籍を借りることができる「図書館」 賛否両論がたくさん出てきそうですが、図書館になかなか行けない人や行くのが大変な人などには非常に便利なサービスになりそうですね。 まだまだこれからのサービスみたいで、全国で約50自治体、本は4万冊程度み…

好きな本が同じ人と出会う、婚活!?

好きな本が同じ人に親近感が湧きますね!きっとそういう効果を狙ったイベントなのだと思います。 本を使った「縁結び」。 もちろん、「本友達を見つける」のもありだと思います。 この企画をしたいる「天狼院書院」ってどんなお店だろ?とふと思いサイトを調…

床屋さんも子どもも親もみんながハッピーになる、このサービスは素晴らしい!

これはもう「国の政策」としてやってほしい! 「散髪をしている間、本を音読した子どもに2ドル(約200円)割引するというサービスをスタート」 素晴らしいですね! irorio.jp

意外と本の誤植って、読んでいて気が付かないものですよね?

石原さとみさんが出ている「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」がやっている今が旬なんだと思って取り上げてみました! 記事の中では、「誤植がない本はない」と書いてありますが、今まで本を読んでいて、誤植に気が付かないで読み終わってしまうことが多…

本のページで汚水をろ過してキレイにする「ドリンカブル・ブック」

今回は「本を読むメリット」ではなく「本が生死を分けるほど役に立つ」話です。 本のページで汚水をろ過してキレイにする この本のことは数年間に聞いた気がしたので、ちょっとネットを探してみましたが、2014年にはじめて記事として出てきていますね。(も…

フィンランドの図書館と日本の図書館の違い。

先日、「いまの図書館について」ちょこっとだけ日刊ゲンダイにコメントを載せていただきました。そんな流れから本日は、フィンランドの図書館についてです。 この記事に書かれている日本の図書館との違いは・・・ 1、子どもの読書を助けてくれる「読書介助…

本を読むと長生きする!新しい本を読むメリットが発見された!

このfacebookページで度々取り上げている「本を読むことのメリット」 「もっと本を読むべき理由がまた1つ発見される」 とのこと! その前におさらいとして本を読むと以下のメリットがあります。・教養が身につく・優れたリーダーになる・共感力を高める・孤…

濡れた本をしわしわにならずに、キレイに乾かす方法です!

おお!これはすごい! 濡れた本がしわしわにならずにキレイに乾かす方法です! 子どものころは教科書が濡れるのもおかまないなしに、カバンを濡らしながら外で遊んでいましたので、このワザをもっと早く知っておけば(雨に濡れてもいいやって思っている時点…

全国約300校、1800人の先生たちが選んだ「泣ける本」が紀伊国屋書店に並びます!

読売中高生新聞の文学賞「君に贈る本大賞(キミ本大賞)」で上位となった本を集めたブックフェアとのこと。 中高生向けの賞で選ばれた本ですので、子ども向けではあるかもしれませんが、「あー。泣きたいなー。」と思っていてそんな泣ける本を探している方は…

有名な作家の、締め切りに間に合わないときの「言い訳」集が出た!

「言い訳」と言えば、面白い遅刻の言い訳などときどき話題になったりしますが、こちらは、作家が締め切りに間に合わないときの「言い訳」集になります。 「夏目漱石から松本清張、村上春樹、そして西加奈子まで90人の書き手による悶絶と歓喜の〆切話」 との…

「文庫X」本のタイトルや著者名、ジャンルも版元も全て「ヒミツ」の本、買ってみますか?

サムネイルが「なんじゃそりゃ!?」になってしまいましたが・・・。(facebookが自動で取得するのでご勘弁を・・・) 「文庫X」 これは面白い取り組みですね!何が面白いかというと、 『本のタイトルや著者名、ジャンルも版元も全て「ヒミツ」』 だそうです…

本屋さんなのに「三田商店」という名前の少し不思議で素敵な書店のご紹介。

素敵な本屋さんのご紹介。 本日のご紹介は横浜市にある「三田商店」さん。最寄駅は西横浜です。 本屋さんなのに「商店?」。それは、本だけではなく雑貨も売っているからだとおもいます。(日用品と書いてありますが、きっと雑貨なはず) 店主の三田修平さん…

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016が9月16日から東京の青山にある、京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスで開催されます!

紙の本の良さを最大限に発揮できるアートブック。世界中のオシャレだったり、カッコよかったり、不思議だったりする本の数々を見てください。 いつもは小説を読んでいる方も、アートブックの刺激を体験してみませんか? tokyoartbookfair.com

「東大生が小学生時代に読んだ本ランキング」小学生のお子さまがいる方は本を選ぶ参考にしてみてください

小さいお子様がいる親のみなさんは非常に気になる話題ではないでしょうか? まずは読書量からです。・東大生の小学生時代の読書冊数はひと月平均7.4冊・全国平均は月5.6冊 次に、小学生時代に読んで面白かった本です。男女ともに読まれた本は、・ハリー・ポ…

紙の本なのに、読んでいるページに自動で「しおり」が付く!

あら、これ、素敵! と、見た瞬間に思ったのでご紹介します。機能性も良いですが、なかなかしゃれています。 下の写真を見てもらうと分かりやすいです。「しおり」が固定されているので、ページをめくると自動で見ているページに「しおり」がくるのですね! …

日本中の家に眠っている古本を全部売ると、5,340億円になるかも!?

家に眠っている本を簡単にインターネットで販売できるアプリの紹介記事に書かれていた一言が気になったので、いろいろ考えてみました。 この記事の中で「過去10年間に国内で販売された本は約70億冊とも言われており、そのうち60億冊以上が各世帯の本棚に置か…

図書館や本屋さんは「人生を変えてしまうような、出会いの場」。インターネットと図書館や本屋さんから得る情報の違い

こちらの記事を読んで気になったことです。 ・ネットだと絶対閲覧しないような本や資料・ネットってユーザーが興味があるものとの出会いは簡単だけど、興味がないものとの出会いに関しては絶望的ですよね。新鮮さとか、ハプニング的な出会いってなかなか起こ…

映画「ボビー・フィッシャーを探して」のその後。ボビーは「太極拳の世界チャンピオン」になりました。

映画「ボビー・フィッシャーを探して」は天才チェス少年「ジョッシュ・ウェイツキン」の生活を父親が書いた小説の映画化です。感動の映画ベスト100にも選ばれている素晴らしい映画ですので、観たことがある人も多いかと思います。 しかし、ボビーがその後、…

本を使った社会貢献。本当に必要なのは「本」ではなく、「本の楽しさを教えてあげること」だと思います。

ジョン・ウッドさん(元マイクロソフト役員)はマイクロソフトを辞めて、貧困地域の子供たちに本を贈る社会貢献「ルーム・トゥ・リード」を始めました。 本が読みたくても読めない子どもたちに必要なものは「本」です。だから本を集めて贈るのは正しいと思い…

ベルギーの先生が考えた「本探しゲーム」。参加者が5万人以上、街中で本を探せ!

誰かが街中に本を隠し、そのヒントをfacebookのグループ上に掲載します。それを見て本を探すというゲームです。探した本は読み終わったら元の場所に戻したり、もらったりして良いそうです。 ポケモンGOで外に出て歩く機会が増えて健康的というお話がありま…

表紙を変えただけで無料の本が一カ月で7万5千部も売れた!

もうずいぶん前になってしまいますが、2007年に太宰治の「人間失格」が表紙を変えて発売されました。すると一カ月で7万5千部も売れる大ヒットになったそうです。 「人間失格」は発売後50年以上たっていて、「青空文庫」などで無料で読めるのにです。 その理…

子供に「どうして本を読むことはイイことなの?」と聞かれたら、こう答えるのはどうでしょうか?

「本を読むことは、素晴らしい人とお話しをすることと同じだから」 これは以下の記事に書いてあった、デカルトの言葉「良い本を読むことは、素晴らしい考えを持った故人との対話のようなものである」を見て書きました。 今までいろいろな本を読むメリットを…

個性豊かな本を売る本屋さんやブックカフェが並ぶ「本通り」。それぞれが得意な分野の本を売る小さい本屋さんの集まりって面白そう。

こちらはベトナムのお話しです。 約200mの通りに、書店20店やブックカフェが並ぶ「本通り」がオープンしたそうです。 写真を見ていただくと雰囲気がわかると思いますが、素敵な感じですね。 日本にもこういう「本通り」ができるといいなと思いました。 大手…

本は本でも木製の本。しかもパズルブック。レオナルド・ダ・ヴィンチが作ったパズルボックスを解け!

本の内容は「読者がレオナルド・ダ・ヴィンチの工房で働く弟子という設定」だそうです。本というよりも、一時期アプリで流行った、脱出ゲーム系のパズルに似ていますね。 ダ・ヴィンチの弟子でダ・ヴィンチが旅から帰ってくるまでにこっそりパズルを解くとい…

リオオリンピック出場選手に直接手紙を書いて教えてもらった、「おすすめ本」。やるなっ!江戸川区立篠崎図書館!

www.yomiuri.co.jp これは素晴らしい企画ですね! 38人から回答をもらったそうですが、具体的な名前が書かれていないので、実際に行って見てみたいです。 オリンピックに出る一流選手がどんな本を読み、どんな本をおすすめしてくれるのか、非常に気になりま…

図書司書が読んでくれる官能小説朗読ライブ!?飛騨市図書館がななめ上行き過ぎ!

もう面白すぎて「最高のネタ見つけた!」って思ったのですが、なんてコメントしたらいいか非常に困りました。心のまま書いたらいいのか、冷静に書くべきか・・・。 写真見てください!美人さんに間違いない感じのマスク装着具合じゃないですか!?それに、「…

速読は超能力だった!?速読は科学的に無理という結果に

個人的に非常にショックだったので(泣) 僕にはどうして身につけたい才能として「速読」があったんです。でも、この記事によると「速読なんて科学的に無理!」って言うじゃないですかっ泣 「何十年にもわたり研究を続けてきましたが、残念ながら、そんな便…

あなたの悩みを解決する本を選んでくれる選書サービス「本to美女選書」

なぜ美女?かということはさておき。 こちらのサービスは、 「本で、人生をちょっと豊かにする」 「あらゆる悩みを本で解決する」 ために、おすすめの本を紹介してくれるサービスになります。 いわた書店の「一万円選書」のWEB版に近いとおもいます。 サイト…

読書記録・管理サービスを集めてみました

みなさんは読書記録を付けていますか? 良本生活の改善を考えていろいろなサービスを調べていたのですが、みなさんのおすすめのサービスや機能があったら教えてください! 以下よく知られているサービスかなと思うものです。 ・読書メーター bookmeter.com …

読書習慣をつける唯一の方法は、面白い本を見つけること

ここを見ている方は読書習慣があると思いますが、この記事を読んで「いや、そうじゃない!」と思ったので書かせてください。 さて、「どうしたら読書が習慣になるか?」 技的なものは多々あるとは思うのです。・通勤時間は本を読むようにする・読書記録をつ…

新潮社の本の倉庫をおしゃれなお店に作り替えた、神楽坂「la kagu(ラカグ)」。神楽坂が本好きには面白いぞ!

ファッション、生活雑貨、家具、カフェ、本などが融合したキュレーションストアです。 本の倉庫の建物や倉庫の棚などをそのまま使っているそうです。 昭和40年に建てられた建物に全然見えないカッコよさ。 先日、読書人さんにお伺いした帰りに、不思議でとて…

アマゾンの本が読み放題サービス。ちょっと読んでみたい本やためし読みしたい本を読むのに使いたい。

月額980円なら本1冊買って失敗するよりはお得かなと。 「買うほど読みたいわけではないけど、ちょっと読みたい」そんな本が良くあります。 特にビジネス書や実用書に多いですね。 買った本がつまらなかったり、役に立たないと気づいたときの、あのガッカリ感…

週刊読書人という新聞をご存じですか?

本日お仕事で週刊読書人さんのオフィスにお邪魔させていただき、いろいろお話しを聞かせていただきました。 名前や下のサムネイルを見た感じ「最近のサービス?」って思われそうですが、なんと創刊は1958年!!どんな新聞かといいますと、「本を紹介する新聞…

書店で買った本にブックカバーをかけてもらうのは、日本独特の文化だそうです。

ブックカバーがどうして日本独特の文化なのかなと、ちょっと考えてみました。 1、おもてなし。商品を大事に包む。2、もったいない。モノを大事に使う。3、はずかしい。何を読んでいるか人に知られたくない。 いかにも日本人らしい!って理由で考えるとこ…

図書館の本を期限までに返さないとハガキ代だけで年間約5800万円くらい無駄金がかかっているかも!

本を返してもらえなかったり、汚されたりする問題は効果的な解決策がない感じがしますね。 返却の督促電話や督促状、訪問しての督促などは人件費など費用もかかるので、そういう問題もあるとおもいます。 このお金、みんながルールを守れば使わなくてよいお…

古本をおしゃれにカッコよく売るのって新しい感覚!!古本の新しい売り方が始まった瞬間かもしれませんね。

古本屋さんでイメージするのはブックオフだとおもいます。もしくは神保町の古本屋さん。 でも、ぼくはハリウッドの映画に出てくる「ある情報にめっちゃ詳しい古本屋の店主」を想い浮べます。あのお店ってすごいワクワクするイメージがあるんですよね。 この…

ほしい本を1時間以内に手に入れれるのなら、本代+700円払いますか?

ロンドンで始まった、希望の本が1時間以内に手元に入る新サービス。「欲しいモノを、欲しいときに、すぐ手に入れたい」と思っている人に向けられたサービスです。 本屋さんの在庫を一括で検索してほしい本があるかどうか調べることができるのは、すごく便利…

(C)良本生活