読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良本生活~本にまつわるニュース

本にまつわるニュースを「良本生活」のスタッフがご紹介いたします。

本は出版1年後から割引してよいのに、割引されている本を見たことがないのは、なぜ?

紙の本の在庫は最終的に破棄されると聞きました。
捨てるくらいなら割引して売ったら良いのにと思いましたが、割引して売るより在庫コストの方が高くついてしまうでしょうね。

・倉庫代
・管理者人件費
・販売者人件費

など考えると破棄してしまったほうがお金がかからない、といった理由なのかなと思いました。

しかし、今は電子書籍があります。
電子書籍なら倉庫代もかからないし、Amazonにアップしておけばそれほど管理の人件費もかからないのではないでしょうか?
たまにやっているkindleのセールは、そういうことなかもしれませんね。

数年前の実用書などは安くしても良いのではないかなと思いました。

※この記事の画像がぜんぜん違うってしまってすいません。これしか選べないのです・・・泣
(C)良本生活