読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良本生活~本にまつわるニュース

本にまつわるニュースを「良本生活」のスタッフがご紹介いたします。

日本中の家に眠っている古本を全部売ると、5,340億円になるかも!?

家に眠っている本を簡単にインターネットで販売できるアプリの紹介記事に書かれていた一言が気になったので、いろいろ考えてみました。
 
この記事の中で「過去10年間に国内で販売された本は約70億冊とも言われており、そのうち60億冊以上が各世帯の本棚に置かれたまま」と書かれていました。
 
60億冊全部ブックオフに売ったらいくらになるのか?
買い取り価格が1冊10円でも、600億円です!
 
もうちょっと違う数字から計算してみます。
ブックオフのサイトに出ている6月の平均買取価格を使ってみます。
(実際は本だけではないと思うので、雑な計算になります)
6月の平均買取価格6,321円/平均買取点数71.1点=1冊約89円で買取。
 
60億冊×89円=5,340億円
 
十分の一でも534億円です!
 
さて、534億円で何ができるのか?
 
2016年3月に「一般社団法人 日本書籍出版協会」が文部科学大臣に宛てて出した要望書があります。

http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/toshokanzougaku201603.pdf


この中で、「公共図書館の資料購入費総額は予算ベースで2014 年度は約285 億円」と書かれています。
 
534億円あれば2年分になりますね。
 
じゃあ、5,340億円あれば・・・日本の本の将来のために何ができるのか?
ちょっとワクワクしませんか!?
 

eczine.jp

(C)良本生活