読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良本生活~本にまつわるニュース

本にまつわるニュースを「良本生活」のスタッフがご紹介いたします。

元杉並区立和田中学校校長の藤原和博さんの「本を読む人だけが手にするもの」をAmazonのレビューからチェック

元杉並区立和田中学校校長の藤原和博さんの「本を読む人だけが手にするもの」をAmazonのレビューからチェックしてみました。


この本の中で本を読むメリットとして上げられているのが


・想像力が養われる。
・世界観が作られる。
・自分の意見を作る力=情報編集力が養われる。
・読書するだけで、ほぼ「10人に1人」の人材になれる
・本を読むか読まないかで、報酬の優劣は決まってくる


特に気になった点は、


・多読をすることにより、いろいろな事について自分が自然と出てくるようになる
・多角的な考え方ができるようになり、自分の頭で考えるようになり、自分の言葉で話せるようになる
・読書を通じて知識のインプットを蓄積していかないと、自分の意見が出てこない


この辺は「これは分かる気がする!」って思いました。


そして、面白かったのが、


『電車で向かいに7人が座って、それぞれスマホをいじったり、寝てたり、読書をしたりしている。あなたが人事部長なら誰を入社させるか。』


本を読むメリットを理屈で説明されるより、この例えを言われると、もやもやしつつも「確かに・・・」ってなりました。

 

booklike.jp

(C)良本生活